スノーピーク ファルPro.air 3 を購入

スノーピーク ファルPro.air 3 を購入

山用テントを新調しました。今まではモンベルのムーンライト2型を使っていたのですが、やはり狭くて寝るだけになってしまいます。寝る間での少しのテント内での時間が楽しめない!!

これが、ムーンライト2型です。ちなみにわたしは、コット派です。だって、腰痛持ちなんですもん。

ムーンライト2型とは??

ムーンライトはモンベル社が開発した2人用テント(2人はギリギリ荷物も入れられないと思うよ)です。本体重量は2.8キロです。バイクでのツーリングなどはちょうど良いかもしれません。特徴は、ポールに対して吊り下げ式のテントの為、名前の通り月明かりの下でも設営できます。私も購入して15年くらい使っていました。

また、パーツ毎に購入する事もできます。フライシートが経年劣化したので、去年フライシートだけ購入しました。

 

ちなみに、ゆるキャン△のリンちゃんが使っているのは、ムーンライト3型です。

スノーピークファルPro.air 3 とは?

今回購入したのは、スノーピーク社が販売するテントで、ファルPro.air3です。

ファルPro.air3

スノーピークの「Pro.air line」にラインナップされた山岳テントです。

「Pro.air line」ってなに?

スノーピークのサイトを確認すると

”フィールドで耐えうる強度を維持しながら、軽さを追求した Pro.air ライン。
軽量でしなやかなシリコンポリエステルリップストップ生地は、設営がしやすく、収納もコンパクト。
カーキカラーが、四季折々の日本の景色に馴染みます。”

って記載がありますね。スノーピークって私のイメージだと元々は山岳用品のメーカーだと思っていたんです。いつの間にかキャンプ用品のメーカーになっていました。

そんなスノーピーク社が出した山岳用のテントです。

 

これって、便利なのがフライとポールだけで設営できるんです。雨天時の設営などは本体を濡らす事無く設営できるので便利なんです。

本体は吊り下げ式となっており、フライシートから本体を吊り下げます。ダブルウォールで、隙間も広くなるので、雨天時にフライと本体がくっついてそこから雨が滲んでくることもありません。

以下は、尾瀬の見晴らしキャンプ場で設営している最中の写真です。

スペック

縦 210cm

横 150cm

高さ 103cm

重さ 1,920g(本体・フレームのみ) ペグを含めると2,000g越えます。

スノーピーク社の説明では3人用ですが、実質2人用と考えた方が良いでしょう。私は、1人で使用します。今回、尾瀬に行きましたが1泊2日で40Lのザックに入りました。もちろん他の食料や寝袋マットなども持って行きました。

そうそう、付属のペグは赤色のチタンペグです。これは軽くていいですね。

グランドシートについて

オプションで、グランドシートが売っていますが、純正品はやはり高いです。私が使っているのは、オールウエザーブランケットです。

サイズ 縦 213cm

横 152cm

重さ 350g

裏面がアルミ蒸着されているので、グランドシートとして使えば地面からの熱を遮断してくれます。冬はアルミ面を上にして敷くことによって、テント内部の熱を反射してくれます。これだけで地面からの寒さを防げます。

 満足度

60点かな。テント場で被ることは全くありません。しかし、値段が頂けない。高すぎる。正直、モンベルのステラリッジテントの方が安くて軽いでしょう。

正直、所有満足ぐらいしかありません。あと、1人で使用すると中は広く使えて満足です。

キャンプ道具カテゴリの最新記事